現金化を利用したあとのカード会社への返済に注意!

クレジット現金化の返済について

 

クレジット現金化は、審査不要・来店不要でショッピング枠さえあれば、誰でも利用することができます。

 

そのため、多くの人が便利なサービスとして使っているのですが、その利用金額はいつか自分返済しなければならないということを忘れてはいけません。

 

このことを忘れてしまった利用者の方がカード会社の返済ができなくなってしまい、多重債務や自己破産といった悲惨な結末を迎えてしまうこともあるのです。

 

現金化を利用するのならば、自分が返済できる金額に抑えて利用しなければなりませんよ。

 

ここでは、クレジット現金化のカード会社への返済についてお話します。

 

現金化は借入より多くお金を返済しなければならない

クレジット現金化の返済は高い

 

クレジット現金化は借入をした金額以上のお金を返済しなければなりません。

 

というのも、クレジット現金化には換金率が存在しており、ショッピング枠をすべて換金できるワケではありません。

 

この換金率の相場は80%となっていますので、利用金額10万円だったとすると、あなたは8万円を手に入れることはできても、返済の時には10万円の返済をしなければなりません。

 

そのため、利用者は最終的には20%の損をしてしまうのです。

 

これは、現金化業者を利用したからという話ではなく、どんな方法で現金化をしたとしても変わりません。

 

分割・リボ払いだと金利が倍増する

リボ払い・分割払いで金利が倍増する

 

クレジット現金化の金利は手数料としてとられる20%です。

 

そして、ここからさらにショッピング枠を使ったことによってカード会社に金利を支払わなければならないのです。

 

分割・リボ払いだと返済が遠のきますので、さらに多くの返済をしなければなりません。

 

換金率80%だったとしても、そこから金利がかかりますので現金化を利用するときは注意しましょう。

 

カード会社に返済しないとどうなるの?

現金化の返済をしないとどうなるのか

 

このように、クレジット現金化は利用者が損をしますので借金を抱えてしまいやすいサービスです。

 

では、このカード会社への返済が滞ってしまうと、どのようなことが起きるのでしょうか?

 

まずはじめに、クレジットカードが利用停止にさせられてしまいます。

 

返済に延滞しているということは、返済能力が無いということなので新しくお金の借入ができないのは当然ですよね。

 

また、それだけでなく、クレジットカード会員の資格を剥奪される可能性もあります。

 

その場合、クレジットカードを失うだけでなく、今まで利用したショッピング枠の一括返済を求められてしまいます。

 

これは分割払いやリボ払いを選択していたとしても変わりません。

 

結果、カード会社への借金を返済するために、他社からお金を借りるという悪循環におちいってしまい、多重債務を抱えることになってしまうのです。

 

現金化は返済を考えて無理せず使おう

現金化の利用は自己責任で

 

いかがでしたか?

 

クレジット現金化は、即日中にお金を手に入れられる唯一の資金策ではありますが、その分利用者が損をする割合も大きいです。

 

無計画に現金化を利用し続けた結果、多くの借金を抱えてしまったという利用者も少なくありません。

 

そんなことならないためにも、現金化を利用するときは必ず自分が返済できる金額までに抑えましょう。

 

分割・リボ払いに頼りきった使い方をしていると、すぐに多重債務者になってしまいますよ!

 

また、カード会社への返済を滞らせないためには、現金化の優良店を利用するという手もあります。

 

優良店で現金化をすれば換金率を高く取引ができますので損をする割合も少なくなります。

 

そうすれば、よほどのことが無い限りカード会社への返済が滞るということはなくなるでしょう。

 

当サイトでは現金化の優良店をランキング形式にして紹介しています。

 

どれも換金率が高く口コミ評判の良い業者ばかりなので、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

 

クレジット現金化の優良店の比較ランキングbest6

最終更新日時 2018/01/09