クレジット現金化の必要なものをチェック

現金化の利用に必要なものとは?

 

クレジット現金化来店不要・無審査のサービスですが、一応必要な書類などはあります。

 

下記の書類がなければクレジット現金化を利用することは出来ません。

 

手元に用意してからクレジット現金化に臨むとスムーズに取引を進めることが出来るでしょう。

  • ご本人名義のクレジットカード(ショッピング残高があるもの)

    ※原則的にご本人名義のみの利用となっております。

  • 身分証明ができるもの(運転免許や健康保険証)

    ※第三者の利用防止や不正利用防止の為の身分の確認の為

また、クレジットカードの情報を聞き出そうとする悪質な業者も存在しますので、カード番号やCVV2などのセキュリティー番号は絶対に教えないでください。

 

詐欺を行う会社の場合など、後々悪用されてしまう可能性がございます。

最低でもこの2点は、どの現金化業者での利用でも必要になりますので、あらかじめご準備しておいてください。

 

身分証は本人確認のために本人と一緒に写っている写メを送信する必要がありますが、そちらにも写メを送る時の注意点があります。

 

併せて、そちらも確認しておけば更にトラブルを回避できると思われます。

 

なんで個人情報が必要なの?

現金化ではなぜ個人情報が必要なのか

 

無審査なのになんで個人情報が必要なのか不思議に思う方もいるでしょう。

 

中には個人情報を抜き取られそうになっていると不安になる方もいるかもしれません。

 

ですが、こちらの2つの個人情報を業者が要求するのにはちゃんとした理由があります。

 

この2つの提示無しに取引を行なってしまうと現金化業者にも利用者にもトラブルが訪れることになってしまうからです。

 

本人名義のカードが必要な理由

現金化で本人名義のカードが必要な理由

 

これは皆さん言われなくてもわかっているかもしれませんね。

 

クレジットカードとは元々個人での取引をすることを前提にして発行されているものなので、他の人が利用してしまうと個人での利用とは言えなくなってしまいます。

 

このような利用の仕方を防ぐために、クレジット会社が他人名義のカードの利用を禁止しているのです。

 

実はこの他人名義というのは友人や知り合い間だけではなく、家族の名義のカードも禁止されています。

 

本人の承諾さえ得ていればクレジット現金化は利用できますが、これも利用規約に違反している行為ですので、発覚してしまえばカードは利用停止になるでしょう。

 

基本的には本人名義のカードを利用して、どうしても家族名義のカードで利用したい人は自己責任だということを心に留めておいてください。

 

身分証が必要な理由

現金化で身分証が必要な理由

 

本人名義のカードさえあれば、問題ないと思われる人もいると思います。

 

しかし、身分証は取引において必要なものです。その理由を話すためには、まずクレジット現金化の仕組みを理解しなくてはなりません。

 

クレジット現金化は消費者金融のような貸金業ではないというのは皆さん承知の上だとは思いますが、では何なのかと言われると答えられない人もいるでしょう。

 

クレジット現金化は基本的にはショッピングと一緒で中古品買取業に位置するサービスなのです。

 

中古品の買い取りを行なうのに商品の価値は見極めますが、本人の審査は必要ありませんよね。

 

買取の際には売却主の身分証の提示が必要なのは法律で決められていることですので、もしやらなければ逮捕されることになります。

 

このような理由から必ず本人名義のカードと身分証は必要となるのです。

現金化業者にどんな写真を送ればいいの?

現金化業者に送る本人確認書類

 

クレジット現金化では最低限必要になるものはお分かり頂けたと思いますが、必要なものは店舗によって異なります。

 

では、他に必要になるものとして何が考えられるのかお教えします。

  • ご本人様がクレジットカードをお持ちいただいた画像

    ※写真付きの身分証明書を提出する場合のみ考えられます。身分証明書の写真と同一人物であるかどうかという確認です。

  •  

  • ご利用者様の勤務先情報

    ※クレジット現金化ではご購入された商品を受け取ることが原則ですので、ご自宅以外の配送先情報を確認することもあります。配送先が自宅でも大丈夫な場合は答えなくても構いません。

手続きで必要な個人情報は多少の違いはありますが、大体はこれだけです。

 

これらの個人情報はクレジット現金化取引に必要なものだから要求されてるものです。

 

しかしながら、クレジット現金化に必要ない情報を聞き出し、悪用しようとする悪徳業者も存在します。

 

その中には絶対に教えてはいけない情報も含まれていることもありますので、教えないようにしっかり覚えて置かなければなりません。

 

絶対に教えてはいけない個人情報

現金化業者に絶対に送ってはいけない個人情報

 

クレジット現金化で必要とする個人情報は業者によって違います。

 

【キャッシュバック式】の取引であれば住所が必要となりますし、利用者との信用を築くために、自宅の電話番号を求めてくる業者もいるでしょう。

 

初心者の間は相手に聞かれた個人情報を答えれてしまい勝ちですが、それは危険です。

 

現金化業者の中には絶対に教えてはいけない重要情報を要求してくるサイトもあります。

 

これはどんなことがあってもクレジット現金化で必要としない情報なので、本来であれば要求することはありません。

 

それなのに要求してくるということは、教えてしまえば間違いなく悪用されるということです。

 

悪徳業者の詐欺の手口はこれだけではありませんが、今回は悪徳業者が要求してくる個人情報について解説いたします。

 

例として、有名なものを記述いたしましたので確認しておいたほうがいいでしょう。

クレジットカード番号

クレジットカード番号を教えてはいけない

 

これがもっとも教えてはいけない情報で悪徳業者が要求してくる可能性の高いものです。

 

クレジット現金化が貸金業ではなく中古品買取業だという話は致しましたが、中古品買取でクレジットカード情報を必要とすることはありません。

 

クレジット現金化という名前から初心者は、なんとなく必要な気がしてしまい教えてしまう事例が非常に多いのです。

 

このような業者は実態が無いことがほとんどで、後日クレームを入れようと思っても、もう隠れてしまっています。

 

取り返そうにも居場所がわからないので警察に頼んでも非常に時間がかかります。

 

また、自分が現金化を利用したことがクレジット会社にも伝わりますので、利用停止どころか一括返済を迫られることもあります。

 

少しでも不審に感じた場合は申し込みの途中であっても進行しないでください。

カードのセキュリティコード

クレジットカードセキュリティ番号のイメージ

 

セキュリティコードとはカードの裏面にかかれている三桁の数字のことです。

 

クレジット番号より短いので重要度は低いような気がするかもしれませんが、こちらも重要な情報です。

 

この情報が漏れるとネット通販などを貴方のカードで買物することが出来るようになります。

 

当然、支払い請求はカードの本人名義の方に届きますので、支払いをしなくてはなりません。

 

拒否することも出来ますが、クレジットカード番号の時と同じく大事になってしまいますので、難しいでしょう。

 

悪徳業者の中には、「クレジットカードの両面を写メで送ってほしい」と要求してくるサイトもあります。

 

要求されたとしても、重要な情報は絶対に教えてないように注意してください。

 

現金化で必要な情報と渡しちゃいけない情報を理解しよう

現金化で本人確認書類が必要になる理由の結論

 

個人情報を流出させないために大事なことは何故必要なのかをしっかり把握しておくことです。

 

クレジット現金化に慣れない内は覚えるのが大変ですし、言われた通りに情報を渡したほうが楽かもしれません。

 

しかし、運悪く悪徳業者に当たってしまった場合、大変なことになってしまいます。

 

特にクレジットカード情報は渡してしまえば取り返しの付かないこととなってしまいますので、絶対に渡さないでください。

 

クレジット現金化の仕組みを理解すれば、悪徳業者に騙されることなく優良業者を利用できるようになりますので一緒に頑張りましょう。

 

どうしてもクレジット現金化が怖いという方は『厳選優良業者』を利用すると良いでしょう。

 

実際に筆者が利用して徹底調査したものだけを掲載していますので、全てに置いて申し分ないクオリティの優良業者です。

 

↓↓優良店で現金化したい方はこちらをクリック!↓↓

 

現金化業者20社の徹底比較ランキング

最終更新日時 2018/01/09