必要書類として何でも言われたまま写メを送ると痛い目に遭うかも

必要書類_写メ

クレジット現金化を利用する時には、取引業者に本人からのお申込みということを証明しなくてはなりません。

 

証明もなく、取引を進めてしまえば法律違反となってしまいますので、絶対に必要なことです。

 

本人確認するために、どの現金化業者も書類を提出してもらうことを原則としております。

 

書類と聞くと手間がかかりそうで面倒だとは思いますが、そこまで難しいことではありません。

 

書類といっても書面を交わすのではなく、携帯電話のカメラ機能を使って画像を撮り、添付したメールを取引業者が指定したメールアドレスあてに送信するだけです。

 

一般的には顔写真がついた身分証を自分の顔と一緒に写して送信することになりますが、本当に必要な個人情報なのか理解しないまま進めてはいけません。

 

必要書類だからといって何でも言われたまま写メを送ると痛い目に遭うことになるでしょう。

 

信用できるクレジット現金化業者であっても、むやみに何でも写メは送らないでください。

 

もしかしたら、あなたの個人情報を悪用されてしまうかもしれません。

 


不正利用される恐れあり

不正利用

必要だと偽って個人情報を抜き出そうとするのは悪質業者の詐欺の手口の1つです。

 

必要書類を取引業者に言われるがまま、写メを送信してしまえば不正利用される恐れがあります。

 

厳密にはクレジット現金化は中古品買取だということは皆さんご存知だと思われます。

 

中古品買取の取引でクレジットカード情報を要求されるのはおかしいですよね。

 

クレジットカード決済は利用者が商品を購入した時にもう済んでいるものなので、現金化業者が必要とすることは一切ありません。

 

中には悪質業者ではありませんが、個人確認のために要求してくることもありますが、こちらからは悪質業者と見分けがつかないため送信しないでおいたほうがよいでしょう。

 

現金化業者というその道のプロが必要だと言ってくると、なんとなくそうなのかなと思ってしまい勝ちですが、そこで納得はせずに何故必要なのか何に使うのかという疑問を問いかけましょう。

 

そこで自分が納得の出来る解答を得られないのであれば、その現金化業者は利用しないほうがいいです。

 

本人確認は必ず必要となりますが、それに釣られて他の個人情報まで渡してしまわないように注意しなくてはなりません。


身分証明書の写メだけを送ること

身分証明_写メ

クレジット現金化ではカード情報が必要となることがありますが、有効期限やセキュリティコードを知られなければ不正利用される恐れはありません。

 

一回身分証を送ってしまえば、次回取引からは本人確認が省略されますので、非常に早くクレジット現金化を利用することができます。

 

身分証と顔写真だけなら大した被害を受けることはありませんので安心してください。

 

しかし、クレジットカード情報に限らず、それ以外の個人情報を送るのは止めましょう。

 

個人情報の流出が話題となる今の世の中で、個人情報は売却できるものです。

 

学校の卒業アルバムですら高値で売却できますので、大した情報でなくても身に危険が迫るかもしれません。

 

このような個人情報を抜き出そうとしてくる業者は、他の悪質業者の特徴も持っていることが高いです。

 

こちらの知識を知っていれば、悪質業者を避けることができますので、個人情報の流出の危険も抑えられるでしょう。

 

騙されてしまった人の体験談を参考に

クレジット現金化の口コミを確かめよう

クレジット現金化の悪質業者の手口も様々です。

 

普通では思いつかないようなところに罠を仕掛けていることもあり、多くの現金化業者は対策として注意喚起をしていますが、新しく生まれる詐欺の手口に追いつけていないのが現状でしょう。

 

そんな時に一番早く詐欺の情報が出るのは現金化業者のサイトではありません。

 

口コミや実際の利用者の体験談です。

 

もし利用者が騙されたと感じれば、その業者の評価について疑問を抱くことでしょう。

 

他の利用者にも注意を促すために、自分が受けてしまった詐欺の手口を説明しているのです。

 

自作自演の口コミもありますので、玉石混交ではありますが業者を叩くような口コミは比較的信憑性が高いと思っていいでしょう。

 

インターネット上にはその業者の本当の評価を知るための情報が散らばっています。

 

そういった情報を上手く活用することが悪質業者への最大の対策となるでしょう。

 

結論

クレジット現金化の写メの注意点の結論

個人情報の流出はどんなことにでもあり得ます。

 

例えば、ポイントカードを作ったとしてもその会社の情報管理によっては名前や住所が流出することだってあるかもしれません。

 

個人情報を守るために大事なのは「どんなことをするか」ではなく、「どの会社を選ぶか」です。

 

クレジット現金化の手段は、個人情報の保護をしっかりと行なっている優良業者を選ぶことでしょう。

 

優良業者を見つけるためにも、口コミや比較サイトを参考にして本当の優良業者を探してください。

 

しかし、信用できる口コミを見分けることは出来ますが、いちいち調べていては膨大な手間がかかってしまいます。

 

安全のために仕方のないことですが、今すぐお金が欲しいといった方には難しい話ではないでしょうか。

 

安心安全に手間なく高換金率の優良業者を利用したい。

 

そんな要望に答えて、管理人が2016年最新の優良業者を見つけておきました。

 

その中でも選び抜かれた5社をランキング形式で紹介しています。

 

5社ともタイプの違う現金化業者なので、どんな方にでもこの5社の中であなたに適している優良業者を見つけられるでしょう。

 

是非、参考にして得できるクレジット現金化を利用してください。

 

現金化比較サイトレディモのトップページを見る


最終更新日時 2018/01/09