キャッシュラインは闇金!?消費者金融より悪質って本当?

キャッシュラインのトップページ

 

キャッシュラインは創業5年の最大換金率98.8%を提示している現金化業者です。

 

さらにそれだけではなく、最短5分での入金、土日も24時間営業、来店・審査ナシと文句ナシの優良店とも言える要素を提示しています。

 

しかし、その反面、キャッシュラインの口コミを調べてみるととんでもないことが書かれていました。

 

「キャッシュラインは消費者金融より悪質」

 

「キャッシュラインは闇金業者だから利用しないほうがいいよ」

 

「キャッシュラインの現金化で換金率下げられた」

 

このような口コミが多く投稿されていたのです。

 

キャッシュラインはなぜ口コミでここまで悪評が書かれているのでしょうか?

 

今回はキャッシュラインについて実際に利用して調査してきました!

 

キャッシュラインを徹底調査!真の口コミ評判とは?

キャッシュラインを徹底調査した結果

 

まずは、『キャッシュライン』とグーグルで検索をして見ましょう。

 

検索をすることでインターネット上での比較・口コミサイトでどのような評価を受けてるのかを知ることができます。

 

キャッシュラインのグーグルサジェストの画像

 

こちらは『Googleサジェスト』と言って他の利用者がどのようなキーワードで検索をしているかを見れるものです。

 

検索結果によるとキャッシュラインでは『闇金』や『在籍確認』、『手数料』といった不審な単語がいくつも見つかりました。

 

これらのキーワードはどういうことなのでしょうか?

 

キャッシュラインの調査結果を確認していきましょう。

キャッシュラインの換金率は82%

キャッシュラインの換金率は82%

 

こちらの画像がキャッシュラインの提示している換金率です。

 

利用金額

当日プラン

通常プラン

法人プラン

1万円〜15万円未満 88% 89% 90%
15万円〜30万円未満 90% 91% 92%
30万円〜50万円未満 92% 93% 94%
50万円〜80万円未満 94% 95% 96%
80万円〜100万円未満 96% 97% 98%
100万円以上 98.8% 98.8% 98.8%

 

こちらの表記では換金率が細かに決められていますね。

 

しかし、その下にはこのような記載がされておりました。

 

※換金率表の割合は最大値となっております。詳しくはお問い合わせください。

 

どうやらこの換金率表の数値は最大値であり、実際には適用されることのない数値のようです。
では、キャッシュラインの実際の換金率はいくらなのでしょうか?

 

キャッシュラインの利用者の口コミを見てみるとJCBカードの利用で換金率82%とのことでした。
また、新規契約者であればさらに換金率を上げることが可能だそうです。

 

換金率表の数値で現金化できると思っていた場合、換金率を下げられることから闇金だと思われるかもしれません。

 

しかし、この換金率82%は業界でも決して低くなく、むしろ高い換金率です。
現金化業者は最大値の換金率を提示しておりますので、どの業者でも換金率は下がってしまいます。

 

そして、その下がる換金率は業者のさじ加減でおこなわれおり、換金率75%〜80%での取引が相場になっているのです。

 

相場より高い換金率で取引ができますので、キャッシュラインの換金率は充分高いと言えるでしょう。

キャッシュラインで換金率が引かれるのは手数料のため

キャッシュラインで換金率が引かれるのは手数料のため

 

キャッシュラインの換金率に対してさらに詳しく取材をしてみると、キャッシュラインで換金率が引かれる理由は手数料にあることがわかりました。

 

その内訳はクレジットカード決済手数料とのことです。
このカード決済手数料のせいで換金率が6%引かれるってことですね。

 

カード決済手数料は現金化取引では確かに発生する手数料です。
クレジっトカード現金化では、架空の手数料を請求して換金率を合計で20%〜30%落としてくる業者もいます。

 

キャッシュラインはそのような業者ではなく、内訳もしっかりと教えてくれましたので安心感がありますね。

キャッシュラインは土日祝も24時間営業

キャッシュラインは土日祝も24時間営業

 

キャッシュラインは平日、土日祝問わず24時間営業をおこなっております。
24時間いつでも使えるのは中々時間が取れない方にも嬉しいですね。

 

クレジットカード現金化では急な出費でお金が必要になった方も利用することがあります。
そういった方の需要にも答えているのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

ただし、キャッシュラインの電話対応は9時〜20時となっております。
20時を超えてしまうと電話での対応はできず、メールのみでの対応となってしまいます。

 

20時までに申し込みをすれば、最後まで電話で受け付けてくれますが20時を過ぎてしまうとメールだけでの対応になってしまいますので、キャッシュラインで現金化をするときは利用する時間にも注意したほうがいいでしょう。

キャッシュラインは2016年6月にオープン

キャッシュラインの営業開始日

 

キャッシュラインは創業5年の現金化業者だと書かれています。

 

しかし、こんな契約内容で本当に5年も利用する人がいるのでしょうか?

 

調査をしてみたところ、キャッシュラインは2016年6月に営業開始した業者だと解りました。

 

キャッシュラインのドメイン日

 

こちらのドメイン日がキャッシュラインのサイトが作られた日です。

 

つまり、キャッシュラインは開業してからまだ1年しか経っていない現金化業者となります。

 

創業5年との表記はウソで実際には信頼も実績もなく、安定感もない現金化業者となります。

 

キャッシュラインの総合評価まとめ

キャッシュラインの総合評価まとめ

 

キャッシュラインを一通り見てみましたが、闇金と言われる要素はまったくありませんでした。

 

強いて言えば換金率の表から手数料が引かれることと、創業年数がウソであったことでしょうか?
おそらく、この要素からキャッシュラインは闇金や消費者金融とのように語られているのでしょう。

 

しかし、わたした消費者にとって一番大切なのは創業年数ではなく、実際に取引できる現金化内容です。
そういった視点では、高換金率で即日現金化ができるキャッシュラインは利用する価値のある優良店と言えるでしょう。

 

カードトラブルなしで現金化のできる安全な業者でもありますので、優良店で現金化をしたい方はキャッシュラインを利用してみてはいかがでしょうか?

 

こちらからお申し込みができますので、ぜひ一度キャッシュラインを利用してみてくださいね。
新規限定の換金率5%UPキャンペーンもありますので、絶対に損にはなりませんよ!

 

キャッシュラインの公式サイトはこちら

最終更新日時 2018/01/09