クレジット現金化の手数料がいくらかかるのか解説

MENU

クレジット現金化の手数料ってなに?いくらかかるの?

クレジット現金化の手数料について

 

クレジット現金化では、ほとんどの業者が95%以上の高い数値の換金率を提示しています。

 

あなたも『最高○○%!』なんて表記を見たことがあるのではないでしょうか?

 

しかし、実際にクレジット現金化をしても換金率は95%どころか90%にも届かず、80%前後での取引となってしまいます。

 

なぜ、こんなにも表記の換金率と実際の換金率では差が出てしまっているのでしょうか?

 

ここでは、クレジット現金化の手数料についてお話します。

 

手数料を知らないまま現金化を利用するとトラブルになりますので、こちらでその内訳を知っておきましょう。

 

クレジット現金化の換金率から手数料が引かれる

クレジット現金化の手数料は換金率から引かれる

 

あなたは『換金率95%』という言葉を聞いてどのような取引を想像しますか?

 

おそらく、利用金額の95%、つまり10万円の現金化だと95,000円が受け取れると考えることでしょう。

 

ですが、実際には換金率95%のまま取引とはならず、そこから多くの手数料が引かれてしまうのです。

 

例として、ギフトクレジットという業者の換金率表を持ってきましたのでご覧ください。

ギフトクレジットの換金率

換金率表の下に小さく手数料について書かれているのがわかりますよね。
(明らかに利用者に読みづらいようにされてます・・・。)

 

これを分かりやすく言うと、
「表記のは手数料が含まれていない換金率で、実際には手数料と消費税を引くよ」
という意味です。

 

消費税だけでも換金率は8%引かれてしまいますし、その他の手数料も引かれてしまえば換金率は10%〜20%変わってきます。

 

つまり、あなたが期待していた換金率での取引はできないということになります。

 

現金化にはこのような手口で利用者を騙す業者が多く、優良店を探すためにはその業者の手数料を知ることが必須です。

 

ということで、次は現金化で引かれる可能性のある手数料の内訳を見て行きましょう。

 

換金率から引かれる手数料の内訳

クレジットカードの決済手数料

 

クレジットカードの決済手数料とは、クレジットカードを決済するときにカード会社に支払う手数料のことです。
本来であれば、店舗が負担するのが常識なのですが、現金化では利用者が負担することになっています。

 

そして、この決済手数料は店舗によって異なり、10%〜20%の手数料が引かれることになります。
現金化を利用するときは決済手数料の低い業者を選ぶと良いでしょう。

 

商品配送手数料

 

現金化を利用すると利用者の指定の住所に商品が届きます。
この商品を送るときの手数料が商品配送手数料です。

 

こちらは住んでいるところによって金額が変わりますので、いくらかかるのか業者に問い合わせておいたほうがいいでしょう。
離島に住んでいるのでもなければ利用代金の3%ほどなのが常識です。

 

入金(振込)手数料

 

あなたの口座に入金するときに振り込み手数料がかかります。
こう言うと「数百円くらいかな?」と思われる人も多いのですが、悪質な業者は換金率から5%引いてくることもあります。

 

バカにできない金額を引かれることもありますので、注意してください。

 

消費税

 

クレジット現金化は商品を売買しますので、消費税が発生します。
そのため、換金率から消費税が引かれてしまうのです。

 

2017年現在、消費税は8%となっていますので、これも大きな金額を引かれることになります。

 

業者の中には「手数料無料」とうたっている業者もいますが、この消費税は手数料に含まれていない可能性があります。

 

手数料無料の業者が必ずしも換金率が引かれないというわけではありません。

 

 

 

このような手数料が換金率から引かれることになります。

 

このすべてが換金率から引かれたとすると、

20%(決済手数料)+3%(商品送料)+5%(入金手数料)+8%(消費税)=36%(手数料全額)

なんと最大36%も換金率が引かれてしまうのです。

 

10万円の現金化なら36,000円、100万円の現金化なら36万円です。

 

現金化ではこのように換金率が引かれますので、換金率90%以上での取引は現実的に不可能となっています。

 

申し込みのときには絶対に入金額を確認しよう

クレジット現金化は絶対に入金額を確認しよう

 

クレジット現金化ではさまざまな手数料が引かれますので換金率を聞くだけではなく、最終的な振り込み金額を聞くことが重要です。

 

このときに、一緒に手数料の内訳も聞いて不当な手数料を取られてないか確認できれば百点満点です。

 

また、手数料を聞いても「本人確認が先です」とか「ホームページをご覧ください」などと言葉を濁す回答をしてきた場合は注意です。

 

このようにハッキリとしない回答をする業者は詐欺業者の傾向が強くあります。

 

あなたも現金化の手数料をしっかりと理解して、後悔しないように現金化を利用してくださいね。

 

クレジット現金化比較サイトレディモのトップページ

最終更新日時 2017/08/15

関連ページ

上位表示されてるサイトは安全?
クレジット現金化で業者を選ぶ時に検索順位の高い順から調べてはいませんか?その方法は間違ってはいませんが、一歩間違えれば恐ろしい悪徳業者と取引する羽目になってしまうかもしれませんよ。
クレジット現金化で使う銀行口座はなにがいいの?
クレジット現金化で使う銀行口座は何が最適なのかカンタンに解説します!15時以降や深夜、土日祝の入金にもネットバンクが無ければ取引できませんので、深夜に現金化をする可能性のある方はこちらを読んでおいてトラブルを回避しましょう。
カードが利用停止になる原因はこれだ! | クレジットカード現金化
クレジットカード現金化の利用停止について解説します。現金化で利用停止になる原因も一緒にお話しますので、利用停止について知りたい方や安全に現金化を使いたいという方はぜひこちらの記事をお読みください。
未成年でもできるの?
クレジットカード現金化は未成年でも利用することができるのか徹底調査してみました。未成年の方が現金化を利用するときに知っておいたほうがいい情報なので、現金化を希望の方はご覧ください。
商品は何を買えばよいの?
クレジットカード現金化で購入する商品はどんなものなのでしょうか?現金化で購入する商品はサービスごとに変わってきますので、そのサービスと共に商品について解説いたします。
1万円をクレジットカード現金化する方法と注意点まとめ
クレジットカード現金化を1万円で利用するための方法と注意点をお話します。1万円の現金化をするときの必須知識なので、今必要にしている方も、これから必要になるかもしれない方も見ておきましょう。
現金化は犯罪じゃないの?
クレジット現金化は犯罪ではないのか不安に思っている人もいることでしょう。クレジット現金化が犯罪なのか検証しました。
口コミは当てになりますか?
クレジット現金化の口コミは当てになるものなのでしょうか。クレジット現金化の口コミは見る価値があるのか検証しました。
来店してできないの?
クレジット現金化の手続きは、インターネットで済ませることができ来店不要です。来店してクレジット現金化はできないのか解説いたします。
クレジットカード現金化すると自己破産はできる?できない?
クレジットカード現金化を利用すると自己破産ができなくなるとは本当のことなのでしょうか?現金化と自己破産について徹底的に調べてみました!クレジットカード現金化を利用している方はぜひご覧ください。
一番換金率が高い方法と商品まとめ - クレジットカード現金化
クレジットカード現金化で換金率が一番高くなる方法とそのときに買う商品についてまとめてみました!高換金率で現金化をしたいと思っているならこちらの記事が必見です!