振込はどこの銀行がいいのか解説

MENU

クレジット現金化の振込の銀行口座は自分で選べる

クレジット現金化の振込口座は選べる

基本的にクレジット現金化を利用した時、どのサービスの種類でもご本人様名義の銀行口座になります。
ご本人様名義の口座であれば、どの銀行口座でも送金が可能なので大変便利に活用できます。
金融機関は平日の午前9時から午後3時までと制限時間がありますので、それまでに取引業者を選定し手続きを完了させなければなりません。
そうなると、今すぐにでも現金がご必要な方には大変ご都合が悪い条件です。

 

クレジット現金化ではお客様がお持ちでらっしゃる銀行口座によって、時間に縛られることなく現金を即日調達することが可能なのです。
各現金化業者はお客様とのお取引を逃したくはないので、午後3時00分以降の即日送金対応で集客を確実なものにしています。
では、どの銀行口座が午後3時00分以降でも現金を手に入れられる銀行口座を紹介していきます。

 

通常の銀行の営業時間

みずほ銀行

平日午後3時15分までの送金であれば、当日入金が反映されます。


三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行

平日午後19時までの送金であれば、当日入金が反映されます。

以上の三種類の銀行口座は、お勤め先の給料振込先指定口座として開設されている方が多いのでお持ちの方が多くいらっしゃると見受けられます。
また、この三種類の銀行口座は午後3時01分過ぎだと翌日入金扱いされてしまうと間違った知識をお持ちの方が多いので、改めて都市銀行の口座がクレジット現金化で便利に活用することがわかると思います。
これらの普通口座の方は自分の利用口座によって制限時間が決められているため、深夜の即金振込は出来ません。
三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行であれば19時まで対応できますが、それを過ぎてしまえば入金は出来ないでしょう。
一応、来店型の業者を利用すればそれ以降でも現金を手に入れることができますが、デメリットも多いのでオススメできません。
しかし、ネットの現金化業者にはよく年中無休24時間営業と書かれているところが多く存在します。
銀行が空いていないのにどうやって24時間営業をしているのでしょうか。
それにはネットバンク銀行を利用するという裏ワザがあるのです。

 

ネットバンクを使って24時間入金

クレジット現金化はネットバンクがオススメ

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

以上の3種類のネットバンクは現金化業界では三大ネットバンクと呼ばれているくらい大変便利に活用することができます。
この3種類がクレジット現金化業界でも重要とされており、ほとんどの現金化業者で対応してくれることでしょう。
インターネット上に設立されている銀行なので営業時間はなく、24時間いつでも入金確認を行えます。
現金化業者の24時間営業とはこのネットバンクを利用することによって実現しているのですね。
その他にも取り扱っている業者にもよりますが、セブン銀行・住信SBIネット銀行などでも土日祝日の24時間当日反映の入金が可能です。
クレジット現金化の振込の銀行口座は自分で選べることができますので、後はお客様が取引をする店舗の見極めが重要になってきます。
現金化業者は慎重に選定をすることはお忘れなく。

3分で簡単ネットバンク開設手続き

ネットバンクを3分で簡単手続き

通常の口座はその銀行の営業時間まで出なければ入金確認は行なえません。
新規での利用の場合、手続きの時間もかかりますので必要な個人情報を用意しておいたとしても間に合わないこともあるでしょう。
深夜帯でもクレジット現金化を利用したい方は、当然ネットバンクを持っていなければ出来ません。
あまりネットに詳しくない方だとネットバンクを持っていない人も多いのではないでしょうか。
ネットバンクと聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、手順は普通の口座を開設する時とほぼ変わらず簡単なものです。
その作り方を紹介していきますので、良い機会だと思って作ってみてはいかがでしょうか。
クレジット現金化専用の口座としておけば、今ある口座から移す必要もないのでとても便利ですよ!

楽天銀行の開設のやり方

今回は一番簡単に口座が作れると言われている楽天銀行の開設のやり方を例として紹介いたします。
楽天銀行には様々な特典もありますので、作っておくとメリットがあると思いますよ。

 

  1. お客様情報を送信する
  2. 名前や住所など楽天銀行の開設フォームから必須事項を書き込み、送信してください。
    楽天銀行では一応審査がありますので、場合によっては勤務先に在籍確認の電話が行くことがあります。
    基本的には名乗ることはしないそうですが、社名と尋ねられた場合「楽天銀行の○○(担当者名)です。」と名乗るそうなので、不都合がなければ会社に一報を入れておいたほうがいいかもしれません。

     

    お客様情報の送信が終わりましたら、設定したメールアドレスにアクセスキーが記載された重要なメールが届きます。
    もし、破棄してしまうと忘れてしまった時に大変なことになりますので、しっかり保護をかけておきましょう。

     

  3. 本人特定の確認方法を選ぶ
  4. 送信が終わりましたら、開設のために本人確認が必要となりますが、普通の銀行のようにわざわざ来店する必要はありません。
    アプリ、もしくは配送によって手続きを進めることが可能です。
    どちらの手続きのやり方も紹介致しますが、アプリのほうが楽に開設することが出来ますので問題がないようでしたらアプリでの開設がオススメです。
    どちらの手続きでも本人確認書類が必要になりますが、この本人確認書類というのは下記の物が当てはまります。

    • 運転免許証
    • カード型健康保険証
    • 個人番号(マイナンバー)カード
    • 住基カード
    • 在留カード、または特別永住者証明書

    こちらの原本が必要です。
    カード型健康保険証を送る方だけ、公共料金等の請求書・領収書も必要となりますのでご注意ください。

     

    アプリの場合
    スマホで楽天銀行のアプリをDLし、本人確認書類を撮影して送信してください。
    送信から2日〜2週間程度で、楽天銀行から開設完了のお知らせが届きます。
    一緒に初期設定ガイドも送られてきますので、そちらも確認して本人確認手続きは終了です。

     

    配送の場合
    申込から1〜2週間ほどで口座開設完了をお知らせする初期設定ガイドが届きます。
    配送での申込の場合、カード種類や住所などによって日本郵政の本人限定受取郵便サービスまたは返信用封筒などで本人様確認を行うこともあります。
    その場合、合計で2週間ほどかかってしまいますので気をつけてください。

     

  5. キャッシュカードを選ぶ
    • デビット機能付キャッシュカード
    • 楽天銀行デビットカード(JCB)
      楽天銀行ゴールドデビットカード(VISA)
      楽天銀行デビットカード(VISA)

    • クレジット一体型キャッシュカード
    • 楽天銀行カード
      楽天銀行ジョーヌカード
      セディナカード

    • キャッシュカード
    • 楽天銀行キャッシュカード

    この中で自分が欲しいカードを選んでください。
    選び終わりましたら口座開設は完了です。
    楽天銀行から希望のカードが届きますので、そちらを大切に保管してください。
    この口座なら24時間いつでもどこでもクレジット現金化を利用すれば24時間入金が可能です。
    いざというときに絶対に役に立つので、作っておいて損はないでしょう。
    お金に困ってから作り始めても間に合いませんよ!

     

    結論

    クレジット現金化に適した口座の結論

    普通口座でも最長で19:00までは業者からの入金確認が可能です。
    その時間帯にしか使わないのであれば、普通口座でも大丈夫かもしれませんが、世の中何が起こるか解りません。
    深夜帯にお金が必要になってくることもあるでしょう。
    そんな時にネットバンクを持っていれば、その場を乗り切ることが出来ます。
    楽天銀行にはオトクな特典もついておりますので、あらゆる面から見てクレジット現金化に適している口座はネットバンクだと言えるでしょう。
    作り方も本当に簡単なので作ってみてはいかがでしょうか。
    作り終わりましたら、クレジット現金化比較口コミサイト【レディモ】では24時間営業の優良業者をランキング形式で紹介しています。
    こちらの業者も確認しておくと、いつでもどこでも高換金率で取引することが出来るでしょう。

     

    クレジット現金化比較レディモ | TOPページにもどる

最終更新日時 2017/01/02

関連ページ

上位表示されてるサイトは安全?
クレジット現金化で業者を選ぶ時に検索順位の高い順から調べてはいませんか?その方法は間違ってはいませんが、一歩間違えれば恐ろしい悪徳業者と取引する羽目になってしまうかもしれませんよ。
換金率は何%がBEST?
クレジット現金化の醍醐味はなんと言っても換金率です。どの現金化業者の換金率を選ぶのがBESTなのか解説いたします。
利用停止にならないの?
クレジット現金化のご利用で最も怖れられているのはカードの利用停止です。クレジット現金化を利用した場合のカードの安全面について解説いたします。
未成年でもできるの?
クレジット現金化はカードをお持ちの方であれば、どなたでも利用できます。未成年の場合は利用できるのか解説いたします。
来店してできないの?
クレジット現金化の手続きは、インターネットで済ませることができ来店不要です。来店してクレジット現金化はできないのか解説いたします。
商品は何を買えばよいの?
クレジット現金化では指定された商品を購入しなければ現金を振り込んでもらうことはできません。何を買えばよいのか解説いたします。
一万円からでも利用できるの?
クレジット現金化のご利用ショッピング枠はいくらからできるのか解説いたします。一万円からでも利用できるのか解説いたします。
あんしんクレジットは最先端なの?
クレジット現金化の方法はあんしんクレジットが業界内でも最先端です。あんしんクレジットについて解説いたします。
現金化は犯罪じゃないの?
クレジット現金化は犯罪ではないのか不安に思っている人もいることでしょう。クレジット現金化が犯罪なのか検証しました。
口コミは当てになりますか?
クレジット現金化の口コミは当てになるものなのでしょうか。クレジット現金化の口コミは見る価値があるのか検証しました。