未成年でも現金化は利用できるのか解説

MENU

クレジット現金化は未成年でも大丈夫?

クレジット現金化は未成年でも利用できる?

どなたでもショッピング枠残高があるクレジットカードをお持ちであれば、クレジット現金化は利用できます。
老若男女、関係なく幅広いジャンルで利用客が増えております。
そこで疑問点が生まれます。
ご利用条件としてご本人様名義のクレジットカードがあればということですが、未成年であっても利用ができるのか?という疑問点です。
世の中には未成年だと利用できないサービスも多々あります。
悪い例だと、ギャンブルであったり居酒屋もそうです。
これらと同様にイメージの悪いクレジット現金化は未成年では利用できないと思われ勝ちです。
確かに未成年だと拒否する現金化業者もいます。
大人と比べて、返済能力が低いと思われやすいので、カード会社への返済が滞ってしまう可能性があるからです。
カード会社への返済を滞らせてしまうと大変なことになってしまいますので、予防として受け付けていないということですね。
しかし、条件付きではありますが受け付けてくれる現金化業者も存在します。

現金化業者の出す条件って?

クレジット現金化は未成年でも利用できる

  • 学生(大学・専門・短期大)ではないこと
  • 会社員であること(勤め先の在籍確認を取る可能性あり)
  • ご家族(成人の方)のご承諾をいただく

以上の三点の条件が必要となるケースが多いです。
未成年であったとしてもこれらを満たしているなら返済能力は充分にあると判断されます。
例外として、学生であったとしてもアルバイトなどで収入がある場合は利用できる可能性もあります。
しかし、その場合は在籍確認が必要となりますのでご注意ください。

18歳以上であることが前提

未成年と表現していましたが、ここでいう未成年とは18歳〜19歳までの人のことを指します。
18歳未満の方は原則としてクレジット現金化を利用することは出来ません。
そもそもクレジットカードを持つことが出来るのは18歳からとなっていますので、本人名義のカードを持っていることはないでしょう。
基本的に本人名義のカードでなければ対応できませんので、結果として18歳未満の方は利用できないということになります。
正直、これは「諦めて」としか言えません。
トラブルになることも多いサービスなので、18歳未満の方は責任が取れるようになってからの利用をしましょう。

嘘は駄目!!

クレジット現金化で嘘はつかないように

 

それでもどうしても諦めきれない!という方は家族のカードを無断で利用しようとすることがあります。
確かに、クレジットカードが本人名義であるかは口頭でしか確認されませんし、運転免許証さえ持っていれば偽ることは簡単でしょう。
しかし、この手段は絶対に使わないでください。
犯罪行為だと見做されて罪に問われる危険性があります。
罪に問われることに慣れば利用者だけでなく、その家族にまで被害が及ぶことになるでしょう。

虚偽の申告は利用規約違反・法律違反

クレジット現金化で虚偽の申告は危険

クレジットカードというものは基本的には名義人しか使うことが出来ません。
そのため、買い物をしているとサインが必要になる場合があるのです。
最近ではサインレスでも買い物ができるお店が増えてきましたが、原則として利用できるのは名義人のみというのは変わっていません。
家族とはいえども、他人のカードを勝手に利用するのは利用規約違反です。
利用規約違反が発覚してしまえば、そのクレジットカードは必ず利用停止になります。
これだけでも恐ろしいことですが、これだけでは済みません。
この行為はクレジット会社から見れば、クレジット会社を騙して利益を得たと見える行為です。
人のことを騙してお金を得る行為、【詐欺罪】に該当します。
もし、名義人に承諾を得ていたとしても【詐欺罪】は成立します。
実際に、同じような事件があり、その時は最高裁判所で有罪判決が出ています。
裁判所は事例を重要視しますので、こちらで逮捕された場合、有罪になる可能性は極めて高いでしょう。

現金化業者を利用しやすくするためのコツ

18歳〜20歳の方でも、クレジット現金化を利用することが出来ます。
しかし、様々な条件をつけられたり、トラブルを避けるために取引を拒否する業者がほとんどです。
無条件で受けてくれる業者は存在しないでしょう。
条件をつけられることを前提としてなら、業者を利用しやすくするためのコツがあります。
それは少額の利用に抑えることです。

少額の利用を心がけよう

クレジット現金化は未成年でも利用しやすくするコツ

元々、18歳〜20歳までの人によるクレジットカードの利用は禁止されていません。
中古品買取も同様にです。
ここで問題になっているのは、返済能力が低い可能性が高いということです。
多額の利用を話してみても、返済プランが無ければ利用させてくれるところは少ないでしょう。
しかし、少額の利用ならば返済能力が低くても、問題ありませんよね。

 

クレジット現金化は多額の利用専門というイメージが一般的となっています。
昔はそうでしたが、今は違います。
クレジット現金化は1万円からでも利用可能なのです。
1万円〜3万円程度であれば、学生であっても返せる金額でしょう。
せっかく利用するのなら大きい金額が欲しいのはわかりますが、欲張ってはクレジット現金化を利用することは出来ませんよ。

結論

クレジット現金化の未成年の利用の結論

このサービスは勤務先の在籍確認が不要なのに、未成年者というだけで扱いがあまりよろしいものではなくなってしまいます。
また、ご家族の方のご承諾をいただくとなれば、内緒で利用したいと考えている方にはとても都合が悪くなってしまいます。
クレジット現金化は未成年でも利用できる資金調達ですが、未成年者というだけで大変面倒くさい手続きになってしまいますね。
現金化業者もトラブル沙汰だけは絶対に避けたいと考えているので、クレジットカードをお持ちであっても未成年者とのお取引は非常にシビアです。
自己責任が取れる年齢になってからクレジット現金化を利用しましょう。
どうしても利用したいという方はこちらの優良業者に問い合わせてみてください。
どれも高換金率で親切な対応を心がけている現金化業者なので、他の業者に尋ねるより利用できる可能性が高いでしょう。

 

クレジット現金化比較レディモ | TOPページにもどる

最終更新日時 2017/01/02

関連ページ

上位表示されてるサイトは安全?
クレジット現金化で業者を選ぶ時に検索順位の高い順から調べてはいませんか?その方法は間違ってはいませんが、一歩間違えれば恐ろしい悪徳業者と取引する羽目になってしまうかもしれませんよ。
換金率は何%がBEST?
クレジット現金化の醍醐味はなんと言っても換金率です。どの現金化業者の換金率を選ぶのがBESTなのか解説いたします。
振込は何銀行がいいの?
クレジット現金化のキャッシュバックの受け取りは振込が基本です。では、どの銀行口座へ振込が良いのか解説いたします。
利用停止にならないの?
クレジット現金化のご利用で最も怖れられているのはカードの利用停止です。クレジット現金化を利用した場合のカードの安全面について解説いたします。
来店してできないの?
クレジット現金化の手続きは、インターネットで済ませることができ来店不要です。来店してクレジット現金化はできないのか解説いたします。
商品は何を買えばよいの?
クレジット現金化では指定された商品を購入しなければ現金を振り込んでもらうことはできません。何を買えばよいのか解説いたします。
一万円からでも利用できるの?
クレジット現金化のご利用ショッピング枠はいくらからできるのか解説いたします。一万円からでも利用できるのか解説いたします。
あんしんクレジットは最先端なの?
クレジット現金化の方法はあんしんクレジットが業界内でも最先端です。あんしんクレジットについて解説いたします。
現金化は犯罪じゃないの?
クレジット現金化は犯罪ではないのか不安に思っている人もいることでしょう。クレジット現金化が犯罪なのか検証しました。
口コミは当てになりますか?
クレジット現金化の口コミは当てになるものなのでしょうか。クレジット現金化の口コミは見る価値があるのか検証しました。