クレジット現金化にはsuicaを使った方法もあります。

MENU

suicaを使って賢くクレジット現金化!

suicaを使ってラクラク現金化

今や持っていない人はいないとまで言われているのが電子マネーです。
以前は駅のみの利用だけでしたが、徐々に利用できると店舗は増え始め、今となっては使えない店舗のほうが珍しいほど普及しています。
この電子マネーを使ったクレジット現金化は前から考えられていましたが、換金性の低い商品の購入になってしまうことや利用停止のリスクが高いことから実用的ではない手段とされてきました。
しかし、電子マネーを使った最新の現金化の手法が発見されました。
この手法を使えば、以前の電子マネーの現金化とは違い、2万円までならみどりの窓口に行かなくても現金化が可能なのです。
それはsuica一体型のビューカードを使ったクレジット現金化です。

suica一体型ビューカードってなに?

suica一体型ビューカードのイメージ

suicaは非常に便利なものですが、残高のチャージが面倒だという話もありました。
駅の改札で残高が足りなかったりしたら恥ずかしいですよね。
そんな要望に応えるために開発されたのがsuica一体型ビューカードです。
このカードの特徴はsuicaの残高が設定以下になると自動的にクレジットカードから設定金額分チャージされるというオートチャージです。
元々はクレジットカードで運賃を払うために付けられた機能ですが、ココでポイントなのが電子マネーとはいえ公式にクレジットカードから現金を引き出せていると言った点です。
この電子マネーですが払い戻し機能が付いているため実質換金率100%で現金化が可能です。
suica一体型のビューカードさえ持っているなら、例え未成年の利用者であろうと利用できます。

suica機能解約手続き

解約といってもsuica機能だけなので、慌てる必要はありません。
解約手続きも「みどりの窓口」を使わずに、「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」という機械を使って手続きを行えるので職員に怪しまれることもありません。
VIEW ALTTE(ビューアルッテ)自体は東日本のJRの主要の駅には設置されていますので東日本にお住まいの方なら利便性の高い手段でしょう。
こちらがVIEW ALTTE(ビューアルッテ)の操作説明になります。

 

VIEW ALTTEの操作説明

 

たったこれだけの手順で電子マネーの現金化は完了です!
残念ながら、ビューカードでsuicaにチャージ出来る最大設定金額は2万円までとなっていますので、一回に付き2万円までしか現金化することは出来ません。
何回も繰り返したい方はsuica機能の再発行手続きをする必要があります。

 

suica機能再発行の手続き

suica機能再発行の手続き

suica機能を払い戻しするために、解約手続きをしているので再発行させなければsuicaを利用することはできません。
残念ながらVIEW ALTTEでは再発行の手続きが出来ないため、みどりの窓口で再発行の手続きをすることになります。
とはいえ、別にクレジット現金化は犯罪というわけでもありませんので理由を聞かれても「間違えてチャージしてしまって、取り戻そうとしたら解約されてしまった」と言えば特に問題なく通ることでしょう。
カードブランドによって再発行にかかる手数料は変わってきますが、通常のカードであれば515円で再発行することができます。
「手数料が掛かるのか」と思われるかもしれませんが、2万円に対しての515円はパーセントに直しますとたったの4%です。
絶対に安全で2万円という少額の利用でも換金率96%で現金化ができるのはこの手段しかないでしょう。

 

ビューサンクスポイントも貯まる!?

ビューサンクスポイントでおトクにクレジット現金化

実はこの方法、ビューサンクスポイントも貯まっていくのです。
ビューサンクスポイントはsuicaにチャージされた時点でビューカードに付与されますので、例え払い戻しをしたとしてもポイント自体はカードに残ります。
1000円につき2ポイント(5円相当)貯まりますので、2万円の払い戻しをすれば40ポイント貯まる計算になります。
更にビューカードからのチャージなら、なんとポイント3倍なので120ポイント貯まることになります!
現金換算しますと300円分オマケとしてついてきます。
そして、このビューサンクスポイントですがJRの新幹線回数券に変えることができます。
新幹線の回数券は危険な現金化ですが、この場合はポイントでの購入になりますので安心ですね。
回数券に変えれば、街中にある金券ショップでそれも現金にすることが出来ますので、まさに一石二鳥の方法だと言えるでしょう。

何回も利用すると危険かも・・・

suicaで現金化を何回も利用するのは危険

 

メリットだらけのこの方法ですが、デメリットが1つだけあります。
再発行の手続きは「みどりの窓口」でやらなければなりません。
当然、何回も再発行の手続きを同じカードで行えばチェックされることになりますし、クレジット会社からもマークされてしまうことになるでしょう。
はじめの1回と再発行での2回目、計4万円までは安全な方法ですが、それ以降は危険な手法となってしまいます。
期間を空ければ大丈夫かもしれませんが、確証は持てませんので自己責任で利用しましょう。

 

結論

suicaを使った現金化の方法の結論

suica一体型ビューカードを利用した現金化の方法は、数多くある現金化の中でも最も安全で高換金率で現金化が出来る方法です。
クレジット現金化のように相場によって換金率が左右されることもありませんので、安定して資金を調達することができます。
更にビューサンクスポイントも貯まりますので、知らない人は損な現金化方法です。
しかし、デメリットがありまして、回数に限りのある手法となっています。
1回2回であれば何も問題なく利用することができますが、3回4回再発行すれば怪しまれるのも当然です。
JRにもクレジット会社にも目を付けられてしまうことになりますので、何回も使える手段ではないということを理解した上で利用してください。

 

2回suica一体型ビューカードのクレジット現金化を利用してしまった人は、危険なこの方法ではなくクレジット現金化の優良業者を利用したほうがよいでしょう。
換金率100%とは行きませんが、85%〜90%で取引してくれる優良業者もおり、安全性も確立されているためオススメです。
クレジット現金化比較口コミサイト【レディモ】でも、高換金率で安全な優良業者をランキング形式にして多数紹介しておりますので、是非そちらも参考にしてください。

最終更新日時 2017/01/02